スポンサーリンク

妊婦さんの標準体重について

赤ちゃんができると、体重が増えます。

お腹の中でもう一人の命が、すくすくと
大きくなっていくのですから
体重が増加するのは当たり前ですよね。

ですが、食べても食べてもお腹がすくなぁ
でも、自分一人の体じゃないし!
二人分食べなきゃ赤ちゃんに栄養いかないし!

こんな事を考えて、毎日もりもり
ご飯やお菓子を食べていたら
必要以上に体重が増加して

分娩の際に苦労することになったり
妊娠中毒症になってしまったりという危険があります。

妊娠中にある程度の体重管理を行っていれば
産後ダイエットも楽になります。

10㎏までは増えても大丈夫という話をよく聞きますが

・もともと痩せている人は12㎏程度
・普通の人は10㎏程度
・もともと太っている人は8㎏程度

病院の先生によっても多少違いますが
体重増加はこのくらいに抑えておくと良いようです。

産まれてくる赤ちゃんの体重は標準で3キロくらいですね。

羊水や胎盤も、そんなに重さがあるものではないので
出産後に体重を量ってみると
そんなに減ってないことが多いようです。

妊娠中に12キロ体重が増加したとして出産で4キロ減ったとしたら
残りの8キロは、自分の体に残ってしまいます。

そのため、妊娠中は体重管理をきちんと行い
産後ダイエットをしやすい
分娩しやすいようにしておくことが大切です。





サブコンテンツ

このページの先頭へ