スポンサーリンク

リバウンドのメカニズムについて

ダイエットでのリバウンドとは

食事制限や運動をして減少した体重や
体脂肪がもとに戻ってしまったり
それ以上に増加してしまうことを言います。

短期間で急激に体重が落ちたときや
いっぱい我慢して無理なダイエットを行うと
リバウンドしやすいですね。

リバウンドはどうしてなるのか

人間には、ホメオスタシス(生体恒常性機能)と言われる機能があり

これは、生きていくために
環境に適した体になろうとする能力のことで

ダイエットを始めると、体に入ってくる
栄養やカロリーが、今までよりも少なくなることによって
体は生命の危機を感じてホメオスタシスの機能が働きます。

そうすると、少しのエネルギーでも
体を維持して生き続けられるようにと消費カロリーを減少させます。

そのため、食事制限などをしているのに
体重が減らないという停滞期に陥ってしまいます。

停滞期に陥った時

この停滞期に陥った時に
ダイエットしてるのにぜんぜん効果が表れないと思って
ダイエットを諦めてしまう人がいます。

その後、今まで通りの食事量に戻してしまいますが
体は消費カロリーが減少している状態ですので
最初よりも太ってしまうというリバウンドが起こってしまうのです。





サブコンテンツ

このページの先頭へ